「失敗」という経験をどんどんさせる

子供を持つ親の気持ちとして、
子供には、強くたくましく生きて欲しい
と思うと同時に、
子供には、辛い思いをさせたくない。失敗をさせたくない
と思ってしまいます。私も、同じです。
出来れば、今日も、明日も、大人になってからも、ずっとそうあって欲しい。

ですが、残念なことに、

辛い思いをしない人生はない。失敗をしない人生はない

ということも、分かっています。

私が強く意識しているのは、
「子供のうちは、自分の目の届くうちは、色んな経験をさせる。特に、失敗は出来るだけ今のうちにさせたい」
ということです。
娘は今年高校受験を経験しましたが、その時でさえ私は、「受験に失敗するというのも悪くない経験。本人にとってはプラスになる。」と本気で思っていましたし、娘にもハッキリ言っていました。嫁からしたら、不謹慎だと思ったでしょうが。。。

大事なことは、「辛い思いをした、失敗した子供を、きちんとフォローしてあげる」ことではないでしょうか。
大人になって独り立ちしてからは、そういった時に親としてフォローしてあげることもなかなか出来ません。
だからそれまでに、

・どうしたら失敗のリスクが小さくなるかを考える方法
・失敗した時の、気持ちの切り替え方
・相談する相手を持つことの大切さ
・失敗した相手を思いやる気持ち
・失敗は成功の過程に過ぎない、といった、日頃からの思考方法

等など、どうやって失敗を乗り越えていくかを、一緒に考えて学んでいくことが、何より大事だと思うのです。

同じように、ボクノミライ塾の授業でも、そのスタンスで子供達に接しています。

昨日、教室近くの大規模マンションの夏祭りがあり、塾として出店しました。お菓子を買ってもらうと、生徒さんの作ったゲームで遊んでもらえる特典をつけたのですが、どのゲームにするかは、あえてお客さんに選んでもらいました。
生徒は全員お手伝いに来てくれたので、目の前でどのゲームが選ばれるかを見ている訳です。
結果的には、特定のゲームだけ人気がない、といった極端な偏りはありませんでしたが、本人からすると、何回か続けて他のゲームが選ばれると、悔しい気持ちにもなったり、少し落ち込んだりもあったかも知れません。
ここから、

「次はもっと面白いゲームを作ってやる」
「あそこをこう改造した方が、面白いんじゃないか」
「他の子のあそこは上手だった。僕も真似してみよう」

といった、前向きな気持ちが生まれるよう、フォローしていきたいと思います。

IMG_0353

子供についての悩みはつきませんが、親として子供の幸せを願う気持ちは同じ。

ボクノミライ塾
http://bokunomirai-juku.net/

ゲームばかりやって(怒)。。。の毎日

どこのご家庭でも同じかも知れませんが、
ウチの息子(小6)も、暇さえあれば、ゲームばかりしています。
(正確に言えば、ゲーム実況の動画を見ている時も多いです)

我が家では、ゲームの時間は1日1時間とし、
言われたことをすぐしない、寝る時間が10時より遅くなるなどの時は、
持ち時間1時間からペナルティ的に減っていく
というシステムでやっていますが、それでも黙っていればいつまででもやっています。
(もちろん、1時間過ぎた分は次の日の分から減らされるのですが)

親からしたら、「いつもゲームばっかりして(# ゚Д゚)」
とイラッとしますが、私が子供の頃はどうだったか。。。

はい、毎日怒られてました(´・ω・`)

ゲームは大人でも楽しいものだし、ましてや子供にとっては、とても刺激的で楽しい遊びなわけです。
それを取り上げるというのは、実質不可能なのではないでしょうか?

(親に隠れて、友達の家で。。。など、抜け道はいくらでもあるものです)

「ゲームにかけるその情熱を、少しでも勉強に向けてくれたら。。。(-“”-)」
親の心、子知らず。

「どうせゲームを止めないんだったら、ゲームの中で学べることはないの?」

あるんです。

ゲームで遊ぶ側から、ゲームを作る側になればいいんです。

「プログラミング」を学べば、ゲームを作る側になることが出来ます。ウチの息子も小4からプログラミングを始めましたが、1年もやっていると、ちょっとしたゲームなら作れるようになります。

また、同じようにゲームをしていても、
「このミサイルの動き、すごくね?どうやって作ってるんだろ?後で作ってみよ」
「このキャラクターの動きは、たぶんこの考え方を使ってるな」
と、作る側の目線で見られるようになり、自分の作品に活かすことも出来るようになります。

ボクノミライ塾では、徒歩・自転車で通える距離にプログラミング塾を開いています。